So-net無料ブログ作成
- | 次の10件

日曜劇場『特上カバチ!!』最終回(3月21日よる9時)に大野智が友情出演!! 株式会社TBSテレビ

TBSで放送中の日曜劇場『特上カバチ!!』(日曜よる9時放送)が3月21日に最終回を迎える。最終回では、櫻井翔演じる行政書士補助者・田村勝弘が、多重債務で苦しむ男を救うために、「提携弁護士」の疑いのある弁護士・犬神誠一(坂口憲二)に立ち向かう姿が描かれる。さらに、犬神のバックにいる自分の父であり辣腕弁護士・鷲塚勝一郎(竜雷太)とも対峙し、「真の法律家とは?」という信念の元、立ち向かって行く。今回、大野が演じたのは弁護士会の綱紀委員会で働く弁護士・本多修平。田村の依頼を受け、犬神を調査する重要な役で、弱者の敵とも言える「提携弁護士」を厳しく取り締まる存在だ。撮影当日。現場からの歓迎の拍手に照れる大野は、自ら拍手を制止するポーズで笑わせる。監督から書類を持つ手の高さや位置、立ち上がるタイミング、立ち居地などを指示され、その一つ一つに丁寧にこたえる大野。難しい専門用語が台詞にあったが、一発OKが出ると現場からは「おー!一回で終わったね!」と温かい拍手が。大野も「翔くんはいつもこの何倍もの台詞を完璧に言ってるけど、いつ(台詞を)覚えているんだろうね」と答え、そこにはいない櫻井の存在を感じた一面も。クランクアップには、加藤新監督から花束を手渡され「僕が主役じゃなくて良かったです」と謙遜し、スタッフを笑わせた。 【撮影後のコメント・大野智】昨日は今日の撮影に向けて、ニノ(二宮和也)と台詞の練習したんだけどね。やっぱり難しいな、法律の専門用語は。翔くんはこんなに難しい台詞をいっぱい喋ってるんだな、と思うと凄いなと思った。『特上カバチ!!』本当に頑張ったと思うよ。オリンピックのキャスターもあって、レギュラーの仕事もあった中でよく出来るな、って。カバチ、最後まで頑張って!!僕も『怪物くん』頑張ります!! 今回の撮影の為に、一時的にスプレーで髪を黒く染めた大野だったが、撮影終了後は洗髪し、きれいな金髪に。大野は、「怪物くんに戻りました」と笑顔でカバチの現場を後にした。  【コメント・主演・櫻井翔】『特上カバチ!!』最終回、リーダーが登場します。自身のドラマ撮影も始まっている中、レギュラー番組収録の合間に、台詞をひたすら繰り返し練習していました。直接の絡みがなかったからこそ、登場シーンが今からとても楽しみです。そんな、大野(嵐)も登場する最終回。田村は遂に父親との直接対決に挑みます。父親であり、弁護士という大きな敵にどの様な勝負をかけるのか。5ヶ月に渡る撮影のクライマックスをどうぞご覧下さい!News2uリリース詳細へ関連URL:http://www.tbs.co.jp/tokujyokabachi/?link=n2u

「LEGEND of CHUSEN 2 -新世界-」本日待望のサービス開始!

写真拡大MMORPG『LEGEND of CHUSEN -誅仙-』は、本日3月16日(火)14時を持って、ふたつの世界が織り成すファンタジーMMORPG「LEGEND of CHUSEN 2 -新世界-」として、サービス開始したことをお知らせいたします。『LEGEND of CHUSEN 2 -新世界-』 本日!待望のサービス開始!この度、株式会社シーアンドシーメディアは、本日3月16日(火)14:00をもって【LEGEND of CHUSEN 2 -新世界-】のサービス開始をお知らせいたします。「LEGEND of CHUSEN 2 -新世界-」のサービス開始にあわせて、新公式ホームページの公開、及び最新プロモーションムービーを公開いたしました。「LEGEND of CHUSEN 2 -新世界-」を是非ともムービーで体感いただき、現在実施している新規会員登録キャンペーンで、この期間だけ入手可能なレアアイテムをゲットしてください!【最新プロモーションムービーダウンロードURL】http://download.mk-style.com/ccmedia/LC/media/LC2PV2_Release.zip▼「LEGEND of CHUSEN 2 -新世界-」紹介ページhttp://chusen-online.jp/intro/太古の昔、強大な力を持つ仙人族と、神族との間で大きな戦いがあった。長き戦いの末、仙人族が勝利し、神族は神域と共に異世界へと追放された。そして、今日に至るまで、人間と神通力をもった仙人族が地上世界を支配し、誰しもが古の戦いを忘れかけたその時・・・僅かながらも、神族ロアの血を引く“ある一人の人間”が、その血に目覚めることをきっかけに、「神域」と一部の「神族」が復活を遂げるのであった。あなたの物語は、ここからはじまる・・・仙人族が暮らす地上世界を描いたのが、前作「LEGEND of CHUSEN -誅仙-」でしたが、太古の昔より封印されし「神域」「神の末裔達」が復活を遂げた事により「LEGEND of CHUSEN 2 -新世界-」として生まれ変わりました。“圧巻のスキルグラフィック”が繰り出す迫力のアクションはさらに磨きをかけて、この新世界の"美麗な世界観"が貴方を魅了します。この果てしない広大なふたつの世界で「人間として地上界に誕生するか…」「神族の末裔として神界へ降臨するか…」最初の選択から、あなたの運命の歯車が回り始めるでしょう。美しい世界の中で、あなたは自らが選んだ道を歩みながら素敵なパートナーや仲間に恵まれ、現実世界とは異なるもう一つの“新世界”で冒険を繰り広げることとなります。ふたつの世界が織り成すファンタジーMMORPGをお楽しみください。さあ!いま・・・新世界が幕を開けます。■新規登録プレミアムアイテムプレゼント!3月10日(水)〜3月31日(水)の期間に、新規会員登録された方全員に今だけしか入手できない記念アイテムをプレゼント!◆プレゼント内容3月10日(水)〜3月31日(水)までの期間、『LEGEND of CHUSEN 2 -新世界-』の正式サービスを記念して、プレミアムアイテムをプレゼントさせていただきます。対象期間内に特定の条件を満たすと、合計2つのアイテムを受け取れるチャンスがあります。◆アイテム受け取りまでの流れSTEP1 新規会員登録をしたあと、『LEGEND of CHUSEN -誅仙-』(※1)でキャラクターを作成すると、     もれなく全員に限定アイテムをプレゼント!STEP2 更に、キャラクターレベルが45に到達した方の中から抽選で30名様に     アイテムショップで販売中の飛仙剣『疾光』をプレゼント!※会員登録方法や、有効化の方法についてはMK-STYLEにございます、会員登録方法をご確認ください。(※1)『LEGEND of CHUSEN -誅仙-』は2010年3月16日以降、『LEGEND of CHUSEN 2 -新世界-』としてサービスを開始致します。◆英雄の申し子セットとは?英雄の申し込みセットは、特別な称号『英雄の申し子』を獲得できるほかに、絶版騎乗ペットや、まだ実装していない多人数型の騎乗ペット、更には『LEGEND of CHUSEN 2 -新世界-』で新しく入った変身システムをすぐに楽しめる変身アイテムなど、豪華アイテムが詰まったセットアイテムとなります。この機会に、プレミアムアイテムを入手しちゃいましょう!▼「LEGEND of CHUSEN 2 -新世界-」紹介ページhttp://chusen-online.jp/intro/--------------------------------------------------------------------------◆「MK-STYLE」とは(公式サイト: http://game.mk-style.com )シーアンドシーメディアが企画・運営を行うオンラインゲームポータル「MK-STYLE」は、約100万IDに及ぶ独自の会員を保有し、共通通貨である「MKポイント」や当社が運営するオンラインゲームコンテンツをご提供することで、会員様限定のサービスを展開致しております。【オンラインゲームコンテンツのご紹介】・超大作MMORPG「LEGEND of CHUSEN -誅仙-」いま、「LEGEND of CHUSEN 2 -新世界-」へと進化を遂げる、超高グラフィックなスキルアクションと対人戦、天界と人間界、2つの世界が織り成す小説を原作としたストーリーが魅力!(公式サイト:http://chusen-online.jp)・ハイファンタジーMMORPG「パーフェクト ワールド -完美世界-」「WebMoneyAward2007」『新規タイトル賞』『Best Games賞』2冠、2008年度オリコンCSランキング『ゲームユーザーが選ぶオンラインゲームのビジュアル満足度No,1』獲得!(公式サイト: http://perfect-w.jp )・ファンタジーMMORPG「夢世界 -武林外伝-」リアルなのに可愛らしい3Dグラフィックが彩る、幻想的な世界が舞台のファンタジー冒険MMORPG(公式サイト: http://yume-sekai.jp/index.php?action_id=intro )・本格派MMORPG 「SEKIHEKI」壮大な三国志の世界を惜しげもなく再現した、あらゆる武器を駆使したアクション性が魅力!!(公式サイト: http://sekiheki.jp )・本格ミリタリーFPS「BLACKSHOT」オンラインFPSでは日本初となるCo-op(協力プレイ)モードを含む画期的なシステムを搭載した、本格ミリタリーガンアクション!(公式サイト: http://blackshot.jp )■『株式会社シーアンドシーメディア』について(URL: http://www.cc-media.co.jp )シーアンドシーメディアではオンラインゲームのプラットフォームとしてポータルサイト「MK-STYLE」の企画運営を行っております。また、「MK-STYLE」を通じ、当社保有タイトルを中心にオンラインゲームパブリッシング事業を展開致しております。【 事業内容 】・ オンラインゲームのパブリッシング事業・ C&M(クリック&モルタル)モデルの オンラインゲームポータルサイト「MK-STYLE」の企画、運営・ その他オンラインゲーム関連事業詳細はこちら

【K-1MAX】3・27日菜太、山本優弥の秘策を一蹴「“にわかサウスポー”には負けない」

写真拡大強烈な左ミドルを繰り出していった日菜太 3月16日(火)神奈川・平塚市にある湘南格闘倶楽部にて、同ジム所属の日菜太が公開練習を行った。日菜太は、3月27日(土)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナで開催されるFEG『K-1 WORLD MAX 2010 〜-70kg Japan Tournament〜』の日本代表決定トーナメント1回戦で山本優弥(青春塾)と対戦する。 ちょうどこの日の正午に公開練習を行った対戦相手の山本は、サウスポーの日菜太対策として普段はオーソドックスの構えにも関わらずサウスポーでの練習を公開したばかり。これは完全に日菜太が得意とする左ミドルを封じるための秘策だが、「サウスポーで来られると普通に嫌ですね。やりにくいです」と苦笑い。これまでに24戦を経験している日菜太は、過去にサウスポーだった選手は水谷秀樹と田島直樹の2人だけだという。 戸惑いの表情の日菜太だったが、「“にわか”はすぐにメッキが剥がれると思います。僕の左ミドルが嫌になって、すぐにオーソドックスに戻すと思いますよ。僕は本業がサウスポーなので、“にわか”の人には負けないです」と全く問題はない様子。逆にオーソドックスの日菜太が見られることはないのだろうか。「僕は左だけじゃなく、右も蹴れます。それが見られるかもしれないですね」と意味深なコメント。 前回のオ・デュソク戦の前には、ワタナベボクシングジムでの出稽古特訓からパンチにも自信がついたことを明かしている日菜太。今でも出稽古には欠かさず行っており、パンチの技術もメキメキと向上中。同ジムのボクシングWBA世界スーパーフェザー級王者・内山高志からアドバイスをもらうこともあるという。「パンチを出す日菜太選手が見られる?」の問いには「どうしようかな〜」とニヤリ。 新たなスタイルの日菜太が見られるのかと期待してしまうが、「そういう心理戦をやるために試合をやっているわけじゃないですからね。僕はいつも通りやるだけですから。普通にやって普通に勝ちます。確実に相手の腕を折りにいきます。蹴りスタイルの僕にとってトーナメントは不向きだと言われていますが、全力で叩き潰しにいきます。3試合分の足のことは考えないで、真っ向勝負でいきます。3試合で3本の腕を折りたいですね」と、これまでと同様に左ミドル全快、相手の腕を折りにいく覚悟で勝利に徹するとした。 その言葉通り、2分2Rの公開練習では重みのあるスピーディーな左ミドルを重点的に繰り出し、万全の調子であることをアピール。さらにオーソドックスにスイッチしては右ミドルも蹴り込む姿やパンチのみのミット打ちを見せた。 山本からは「優勝候補は日菜太選手と城戸選手のどちらかだと思います」との声が出ているが、「それは『俺が(日菜太に)勝ったら優勝します』の裏返しですよね? 優弥選手は僕がキックをやり始めたときから活躍していた選手なので、僕が挑むつもりでいきます。試合はバチバチになると思いますよ。優弥選手が前に出れば自分も出ますし、1回戦から全力でいきます」とした。 昨年は優勝候補と言われた城戸康裕と一回戦で対戦し勝利するも、鼻骨負傷で二回戦が棄権となった。魔裟斗が引退した今、K-1MAXを背負う者として日菜太には期待がかかる。「昨年よりも色んな意味で強くなっています。外国人選手との試合も経験したし、パワー、スタミナ、昨年の自分よりも全部上回っています。あと自分にないのは経験だけです」と日本トーナメント優勝に絶対の自信を見せている。「9月の世界トーナメントまで、試合が空いてしまうので、海外での試合も考えています」とした日菜太。日本の頂点を極め、日菜太がいよいよ世界に飛び出すのか。FEG「K-1 WORLD MAX 2010 〜-70kg Japan Tournament〜」12

「定量的な目標設定がシステム刷新成功の鍵」――大和証券・鈴木常務

"大和証券の鈴木孝一常務"  アイティメディアは2月23日、CIO(最高情報責任者)やIT部門長などに向けたラウンドテーブルセミナー「ITmedia Executive Directions 2010」を開催した。 基調講演には大和証券 常務取締役 業務・システム担当の鈴木孝一氏が登壇し、自社での取り組みを例にコスト削減や業務改善など基幹システム刷新によるインパクトを紹介した。システム刷新の勘所について、鈴木氏は「具体的な目標の設定、そしてユーザー部門の積極的な参画が不可欠」と強調した。 大和証券は、2003年度から大規模なシステムインフラ刷新に着手し、2007年度に一旦の完了を迎えたが、その後も本社移転やデータセンター移転に伴いシステムの整備を進めている。こうした一連のプロジェクトを統括した鈴木氏によると、刷新以前の旧システムは、利用把握されていないプログラムが肥大化していたり、紙ベースでの事務コントロールにより事務手続きとシステムが乖離していたりといった課題が山積で、いわゆる「スパゲティー状態の情報システム」であったという。そこで鈴木氏は、課題解決策として、システム全体を見直すとともに、ペーパーレス化による未利用帳票(プログラム)の削減やデータによる事務コントロールなどを図り、徹底的なシステムの削減に取り組んだ。 特に注力したのが「デジタル化」である。紙書類や電話などのデジタル化によって業務効率化を図りつつ、従来の事務コストを廉価なITコストへ置き換えたほか、デジタル統合によって最新技術の活用やIT機器の統合を可能にし、一層のコスト削減を実現した。例えば、オフィスの固定電話のIP化、郵便物のデータ伝送や郵便記録の電子化、書類のデータ保存による書庫や倉庫の封鎖、118店舗に存在するマシン室をすべてデータセンターに集中化することなどにより、従来の事務コストから年額72億円削減した。さらには仮想化技術の導入やIT機器の統合によって、年額28億円のコスト削減を見込んでいる。「さまざまな形態に分散しているとコストは落とせないが、すべて(デジタルに)集約すると大幅な削減が可能になる」と鈴木氏は考えを示した。●ユーザー部門も巻き込む システム刷新で大幅なコスト削減を達成した大和証券だが、多くの企業で目にするように必ずしもこのようにうまくいくとは限らない。では、大和証券の成功の秘けつはどこにあるのだろうか。鈴木氏は、システム刷新において、例えば「サービス向上」といった漠然とした目標を設定するのではなく、「誤入力の件数がどれだけ減少した」など数字に置き換えられる定量的な目標を設定することが重要だと説く。加えて、受託者のIT部門だけでなく委託者の業務部門もリスクを負うユーザー参画型のプロジェクトで進めるべきだと強調する。 具体的には、ITインフラ刷新におけるコンセプトとして(1)フィッシュボーンモデル(複雑性の回避)(2)ルールベースエンジン(ビジネス定義のエレメント)(3)ドーナツ(時間的、空間的一貫性)のキーワードを鈴木氏は掲げた。 (1)は魚の骨のように絡まり合わずに整然と並ぶことを表し、業務フローもプログラムも体系化することを意味する。そのために必要な取り組みが(2)である。鈴木氏はシステム刷新を開始して最初の1年半はビジネスルールの抽出にとにかく時間を費やした。鈴木氏は「人によって(業務上の)定義や言葉が異なっていたため、それを統一することが急務だった」と振り返る。(3)は将来を見据えたシステム作りの重要性を示しており、本来どうあるべきかを徹底的に議論してからシステム化すべきだとしている。「従来は現状の不満解消のためのシステム化だったが、今やっている仕事のシステム化ではすぐに陳腐化してしまう」と鈴木氏は指摘する。 最後に、鈴木氏は「ITインフラ刷新を成功させるには、自信を持ってやりたいことを最短ルートで実現することを目標にし、出来ばえを最重視してユーザーの使い勝手を徹底的にこだわるべきだ。加えて、“無理”や“不可能”にこそビジネスチャンスがあるため、メンバーが一丸となり目標を100%必ずやり遂げることが肝要だ」と参加者に向けてエールを送った。【伏見学,ITmedia エグゼクティブ】■関連記事CIOインタビュー:「教科書なきCIOの世界」――カシオ計算機・矢澤氏「いかにベーコンエッグのポークの意識を持たせるか」――東京海上日動システムズ・島田常務システム刷新で鮮魚の発注業務を効率化 「魚がし日本一」のにっぱん日産自動車の新たな“挑戦”――「日産GT 2012」帳票システムの一元化がもたらす効果とは ヤクルト本社

「仕分け」第2弾来月から、自・公予算の検証も(読売新聞)

 政府の行政刷新会議(議長・鳩山首相)は11日、首相官邸で会合を開き、4月下旬から独立行政法人と政府系公益法人を対象にした事業仕分け第2弾を実施することを正式に決めた。

 また、麻生内閣が編成した2009年度予算の執行状況を検証する「行政事業レビュー(再評価)」を5月に実施することにした。

 鳩山首相は会合で「(事業仕分けを)第2弾、さらには第3弾と行っていきたい。これから行政刷新会議が国民の皆さんの注目の中で展開されていく。新政権の極意のような会議だ」と述べ、事業仕分けに強い期待感を示した。

 今回の事業仕分けは、98ある独立行政法人と、官僚OBの天下り人数や公費への依存度などを基準に選定した政府系公益法人が対象だ。公益法人については、過去に会計検査院や国会審議で問題視された50法人を含む計290法人の所管省庁から聞き取り調査を始めるなど選定作業に着手している。仕分け人は民間人を含めた20〜30人で編成し、仕分け作業は4月下旬と5月下旬の2回に分けて実施する予定だ。

 行政事業レビューは、各府省ごとに副大臣らによる「予算監視・効率化チーム」を作り、5月下旬から公開で有識者を交えた検証作業を行う。11年度予算案の概算要求に反映させるのが目的だが、自公政権が編成した09年度予算を厳しく精査してムダをあぶり出し、政権浮揚につなげたいとの思惑もある。

 会合ではこのほか、同会議に規制改革分科会を作り、「グリーンイノベーション」(環境)、「ライフイノベーション」(医療)、「農業」の各分野でワーキンググループを設置することも正式に決めた。

東京の輸入代行業者を略式起訴 タミフル販売で(産経新聞)
千葉法相、夫婦別姓の今国会提出に改めて意欲(産経新聞)
栗山元次官、密約「引き継ぎ書」存在認める(読売新聞)
捕獲禁止で見守るのみ…衰弱オットセイやっと保護(読売新聞)
献金事件、検察審査会議決なら裁判応じると首相(読売新聞)
- | 次の10件

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。